LOG IN

It's My Turn!

by モノクローグ


はじめましての方もそうでない方もどうも武永(たけなが)です。

待ちに待った武永です。

ドラムの武永です。

髭が生えてる武永です。

眉毛が印象的な武永です。

ブログ始まりましたね。

みんな面白い事いっぱい書いててハードル上がってて怖いです(笑)

なので俺はちょっと真面目な感じでいこうかと思います。

『俺と曲!!』

モノクローグの曲に対して俺がどんな風に感じて、ドラムを叩いているか、超真面目に書いていこうと思っています(笑)

第一回目の曲はやっぱりこれ!!

『19歳』

この曲からモノクローグが始まり、とても思い出深い曲です。

一番最初にアツキに曲を聞かせて貰った時の印象は。。

『うゎ、、、めっちゃバラードじゃん、、、、。』

でした(笑)。

と言うのも、元々激しい音楽を長い事やってきてたので、バラードには苦手意識があったんですよね。。

バラード=ドラムが暇

って言う意識さえありました。

でも、モノクローグをやるにあたり一番最初の曲だったので、苦手ながらも自分なりに完璧にやってやろう!!と思い何回も何回も聴き込みました。

そうするとどうでしょう!!

たった一つの音の大事さ、抑揚の仕方、ビートの大事さ、リズムの絡み方一つ一つ

自分が今まで出来ていたと思っていた全ての事が甘かったという事に気づかされました。

今までも色々曲をやってきましたが、一つの曲と向き合う大事さが欠けていたんだな思いました。

そんなこんなで19歳のおかげで今ではすっかりバラードにハマりましたね(笑)

19歳のおかげで昔の自分よりも一皮剥けたと思います。

それくらい自分にとっては思い出深い大事な曲です。

19歳を演奏するにあたっての個人的なイメージは

『一本の絶対に切れない糸』

です。

バラードってやっぱり音数が少なくてズレたりすると直ぐ分かるんですよね。

ズレないように、極限状態の集中力でみんな一丸となって一本の絶対に切れない糸(音)を紡いでいく。

そんなイメージです。

そんな極限状態に集中する曲なので、やり切った時は凄い気持ち良くて感極まります。

もっとあるんですが、大分コアで深く細かい話しになるので、この辺にしとかないとみんな嫌になると思うので辞めときます(笑)

とまぁこんな感じのブログで今後も行こうかな、、、

大丈夫?(笑)

曲全部紹介したら後はどうしようかな?

まぁその時はその時で!!

武永から今日は以上です。

では、いつものやっちゃいますか?

GO!!GO!!モノクローグ!!

初めて言いました(笑)

では又。。。

ついに明日10.4(火)は下北沢DaisyBarでLIVE!モノクローグからの重大発表もあります。ツイッターで取り置きできます。よろしくお願いします!



モノクローグ
OTHER SNAPS